半額キャンペーン実施中

ぽっちゃりお腹が気になるなら、ウエイトン葛の花を試してみては?

詳細はこちら

ウエイトン葛の花の効果と口コミは?体重とお腹の脂肪の減少を助ける?

ウエイトン葛の花とは

お腹周りの脂肪、気になりますね。

そんな方のために「酵素水328選生サプリメント」で有名なジェイフロンティアから、万を期してウエイトン葛の花という新商品が発売されました。

ウエイトン葛の花の関与成分、葛の花イソフラボンは「体重・お腹の脂肪の減少」を認められた機能性成分です。

お腹周りが豊かだと、貫禄があって頼りがいがありそうに見える・・という良い一面もありますが、豊かすぎると健康にも黄色信号がともってしまいます。

特に忙しいビジネスマンは、運動したくても仕事に忙殺され、その時間すら取れないこともあります。

女性でも中年になるとなかなか痩せにくくなり、スカートがどんどんサイズアウトしてしまって、もう面倒だからゴムのスカートにしちゃおうかしら・・となってしまったり。

そうなってくると、洋服を買いたくてもサイズが合わない、似合わない・・となってしまい、すっかりお洒落をすることが面倒になってしまいますね。

いつも元気で切れ味良く仕事するために、健康で美しく生きるために、お腹の余分な脂肪とはなるべく早くサヨナラしたいものです。

ウエイトン葛の花はBMI数値が25~30の肥満気味の方にもおすすめできる、体重とお腹の脂肪の減少を助ける機能性表示食品です。

ウエイトン葛の花
お得なキャンペーン実施中!
初回限定74%OFF!!

おすすめ

ウエイトン葛の花キャンペーン購入ページ

BMI数値って何?肥満になるとおこる問題とは?

BMI・・あまり聞きなれない言葉ですがどういう数値でしょう。


出典:ウエイトン葛の花 公式HPより

BMIというのは、肥満度を表す数値として世界共通の指数です。
BMI数値25以上は肥満とされています。

計算式があり、自分がどの程度の肥満なのか知ることができます。

BMI=体重(㎏)÷(身長(m)の2乗)
です。

この数式で間違いやすいのは身長がセンチではありません。
メートルで計算式に入れます。

例えば体重が45キロ、身長が158・5センチの女性がいたとします。
この方のBMI数値は
45÷(1・58×1・58)となります。
この方のBMI数値は18になります。
この女性は標準より下の「低体重」の中に入っています。

BMI数値の標準体重には幅があります。
18・5~25未満です。
この中に入っていれば標準体重ですが、それをオーバーすると肥満度数1・2・3・・と上がっていきます。

肥満になるとおこる問題とは?

多少お腹が出ていたって、別に大したことじゃない・・とおおらかに考えてしまう方も多いでしょう。
別にお腹に脂肪がついていても、元気ならそれでも良い気がしますよね。

でも、肥満は大変深刻な病気を引き起こす引き金となるのです。

肥満とは体に過剰な脂肪がついた状態のことをいいます。

肥満といっても、内臓脂肪か皮下脂肪かということでも違いますが、特に内臓脂肪型の肥満は健康障害を伴いやすい、ハイリスク肥満といわれています。

この肥満に起因しておこる健康障害は

糖尿病
高血圧
高尿酸血症・痛風
心筋梗塞
狭心症
冠動脈
脳梗塞・脳血栓
脂肪肝
睡眠時無呼吸症候群
月経異常

・・・と多岐にわたります。
BMIは、男女とも22の時に高血圧・高脂血症・肝障害・肝耐能障害などの有病率が低くなることがわかっています。

そこで22を理想として出したのが標準体重となるのです。

標準体重なんて~・・と軽く思ってしまいがちですが、このように膨大なるデーターから割り出した、最も理想的な範囲ということになるのです。

この中に入るように努力することは、大切な自分の体のためにとても重要なことだといえるでしょう。

ウエイトン葛の花キャンペーン購入ページ

ウエイトン葛の花の効果は?

葛の花由来のイソフラボンには、体重の減少をサポートしてくれる、葛の花由来のイソフラボンが入っています。

葛の花由来のイソフラボンの効果
★ 脂肪の合成を抑える
★ 脂肪の分解を促す
★ 脂肪の燃焼を促す

葛の花イソフラボンの持つ効果

1・脂肪の合成を抑える
葛の花イソフラボンは、食事に含まれている糖や脂肪に由来する脂肪前駆物質が、肝臓の中で脂質と合成するのをブロックします。

2・脂肪の分解を促す
葛の花イソフラボンは脂肪を細かく分解します。
分解することで燃えやすい遊離脂肪酸となります。

3・脂肪の燃焼を促進する
葛の花イソフラボンは遊離脂肪酸の燃焼を促進します。
効率よくエネルギーとして消化します。

このようにウエイトン葛の花に配合されている葛の花イソフラボンは、体内で脂肪をつくるメカニズムのつ一つを減少させるように働いてくれる、非常にありがたい成分だといえます。

葛の花ってどんな植物?

葛の花って、あまり見たことがない気がしませんか?

葛はマメ科の植物で、生薬として古くから使われてきました。

根の部分は「葛根(かっこん)」と言います。
かっこん、と言えば、風邪の引き初めに飲む「葛根湯」でご存知の方も多いでしょう。

マメ科クズ属の花は、漢方薬として1000年以上前から利用されてきました。

そしてこの葛根には「体表の熱や風寒の邪を散らす作用がある」とされています。

また、葛の花の部分には、3種類のサポニンと7種類のイソフラボンが含まれていると言われています。

7種類ものイソフラボンが入っている・・にもびっくりですが、その中でもテクトリゲニン類というイソフラボンが多く含まれています。

このテクトリゲニン類のイソフラボンには、ダイエット効果があると注目されています。

葛の花イソフラボンは日常的に食べられる?

たとえば生姜や唐辛子だったら、普通に八百屋さんで買って日常の料理に使用することもできますが、葛というとどうでしょう?

なかなか普段は食べませんね。

葛を使ったもので有名なのは「吉野葛」でしょうか。

また「くずもち」や「くずきり」なんかも、和菓子の好きな方は良く食べていらっしゃるかもしれませんね。

ただ、葛はあまり普段の食卓やお惣菜には使わない気がします。

ですから普段の生活で手軽に手に入れたり、調理に使うというのは難しいと思います。

サプリメントで使用している葛の花抽出エキスは、葛の花やつぼみを乾燥させたものを使います。

なかなか食品としては取り入れにくいものなので、サプリメントで供給していくのが、一番効率的といえるでしょう。

ウエイトン葛の花キャンペーン購入ページ

ウエイトン葛の花の「葛花熱水抽出法」とは?

ウエイトン葛の花は、その花の部分を使用するため、一つ一つ手摘みで収穫しています。

ウエイトン葛の花HP1

出典:ウエイトン葛の花公式HP

そしてさらに、その収穫したエキスを安全に抽出するために、エタノールなどでの有機溶媒は使わず、お茶を沸かすような「葛花熱水抽出法」を採用しました。

これは化学的な成分を使わず高温の熱水でじっくり時間をかけて抽出する方法です。
実はこの方法だと、有用成分はほんの少量しか取り出せないのだそうです。

それでも安全性にこだわり、ウエイトン葛の花ではこの抽出法を採用しました。

腸内環境を整える成分

ウエイトン葛の花の成分はそれだけではありません。

他にも生きたままで腸に届く乳酸菌や、美容にも効果的なビタミンB、コエンザイムQ10なども含まれています。

ウエイトン葛の花を実際に飲んでみました!

ウエイトン葛の花を実際に取り寄せてみました。
パッケージの表面に、「葛の花イソフラボン35ミリグラム配合・一日目安量3粒あたり」とはっきり表示されていますね

ウエイトン葛の花1裏面を見てみます

ウエイトン葛の花2成分票

成分票

中を出してみました。

葛の花・錠剤
薄茶色の錠剤です。口にいれてみると少し粉っぽい、黒砂糖の甘さがないような、きなこの粉のような味がします。
ずっと口に入れていると苦くなってくるので、3ついっぺんに飲んでみました。

ウエイトン葛の花を飲み始めて2週間

今日でウエイトン葛の花を飲み始めて2週間になります。

まず特記すべきこととして私はおなかを壊しやすいのか、某メーカーのフォースコリーを飲むとお腹をこわしてしまって、続けられなかった経験があります。

でも、ウエイトン葛の花を飲んでお腹をこわしたりすることは一度もありませんでした。
そのためなんの抵抗もなく、毎日続けて飲むことができました。

ただこの2週間は特に運動したり、日々歩くことを心がけたりすることもなかったので、3週目からはもっと運動を心がけていこうと思います。

これからも引き続き私のレビューを更新していきます。

ウエイトン葛の花キャンペーン購入ページ

ウエイトン葛の花の口コミは?

ウエイトン葛の花はまだ最近発売されたばかりのため、口コミは入ってきていません。

ただ、ほかにも沢山、葛の花の入っているダイエットサプリはあります。
色々な商品がありますので、代表的な商品の口コミをいくつか調べてみました。

すると共通していることがありました。それは

1・運動と合わせて飲むのが効果的
2・3か月以上続けると効果が現れる可能性が高い
3・2週間目から変化を感じているユーザーが多い

ということです。

また表現としては、効果があったという方は、お通じが良くなった・体が軽くなった・お腹周りがスッキリしてきた・体脂肪が減った・体重が減った・
という声でした。

効果がなかったという方は、変わらなかった・変化なし・ という声でした。

数値でいくと、3か月以内では体重1~2キロ程度の減少の方が多く感じられました。

ウエイトン葛の花の実験データについて

まず、こちらのグラフをよく見てください。
ウエイトン葛の花に含まれている「葛の花由来のイソフラボン」の脂肪減少データのグラフです。

出典:ウエイトン葛の花公式HP

葛の花イソフラボンが含まれているものを摂取した人が赤い線、非配合のものを摂取した人が青い線となっています。

★この実験は軽度肥満者(BMIが25から30)の被験者97名が対象です。

★葛の花由来のイソフラボンを配合した食品と、 配合されていない食品を摂取して実験しました。

この結果として葛の花由来のイソフラボンを配合した食品を摂取したグループはお腹の脂肪(腹部全脂肪面積)およびウエスト周囲径・体重が減少したということです。

★共通の条件としては
一日の平均摂取エネルギーは2000キロカロリー程度
一日の平均歩数は9000歩程度
となっています。

実験データーの不明点をメーカーに確認してみた

このグラフを見て、不思議に思うことはありませんか?

一番上の腹部脂肪面積の変化量が、非配合を摂取したグループ(青い線)が8週間後にぐっとあがっていますね。
しかし12週間後には、配合されたものを摂取したグループも、非配合のものを摂取したグループも、どちらも内臓脂肪・皮下脂肪共に減少しています。

どちらも減少した理由は一日の摂取エネルギーを2000キロカロリー程度に抑え、さらに9000歩程度歩いたからだと推測できます。

しかし、なぜ、非配合したものを摂取したグループは8週間後に、一時的とはいえ増えてしまっているのでしょう??

私はそこがまず疑問でした。
そこでメーカーに問い合わせてお尋ねしてみることにしました。

ウエイトン葛の花の実験グラフについて

私がカスタマーサポートセンターに問い合わせてみた不明点は以下の件です。

1・なぜ一時的とはいえ、非配合の食品を摂取したグループは8週間後に増加してしまったのか?
2・この配合した食品と非配合の食品というのは何を食べていたのか?
3・配合した食品には、葛の花イソフラボンがどの程度含まれていたのか?
4・ウエイトン葛の花は一日3粒目安となっているが、3粒に葛の花イソフラボンは何ミリグラム配合されているのか?

このお答えは次の通りです。

1・こちらの実験では20代から65歳の男女を対象にしていました。
食事に関しては2000キロカロリー以内にする、ということだけで、個人の自由にしていたので、どのような食事をしていたかはわかりません。実験結果ではこのような結果となりました。

2・葛の花イソフラボン入りの食品というのは一般に売っているものではなく、実験用の食品として用意されたものを召し上がっていただきました。

3・実験用に用意された食品には35ミリグラムの葛の花イソフラボンを配合しています。

4・HPに記載がなく申し訳ありません。商品の袋には記載されております。ウエイトン葛の花3粒には35ミリグラムの葛の花イソフラボンが配合されています。

とのことでした。

まとめますと、この実験ではウエイトン葛の花を飲んだわけではなく、葛の花イソフラボンを配合した実験用の食品を毎日食べていたということです。

また、その実験用の食品に配合されていた葛の花イソフラボンは「ウエイトン葛の花」3粒の含有量と同じ35ミリグラムです。

年代は20代から60代の男女ということで、年齢、体質、性別にもばらつきがあります。

年代ごとの人数はわかりませんでした。

このような実験結果でしたが、いずれにせよ一日に2000キロカロリー以内の摂取に抑え、約一万歩のウオーキングをする生活を続けていけば、年代にかかわらず12週間(4か月)後には痩せているということですね。

そして、その効果はグラフから見ると、やはり葛の花イソフラボンを飲んでいるほうが高い可能性があるということです。

ダイエットに取り組もうと考えていらっしゃる方は、一日も早く理想のスタイルに近づきたいと願ってしまいますね。

ダイエット生活のサポーターとして、悩む前にいちはやく取り入れ、すぐに行動にうつしてみることも良いかもしれませんね!

ウエイトン葛の花
お得なキャンペーン実施中!
初回限定74%OFF!!

おすすめ

ウエイトン葛の花キャンペーン購入ページ

 

 

【ウエイトン葛の花に関するお問い合わせ】
当サイトのご利用まことにありがとうございます。
[ウエイトン葛の花]に関するお問い合わせが多く寄せられておりますが、お問い合わせは下記ページの一番下「お問い合せ」からお願いしたします。
お問い合せ先
ウエイトン葛の花の効果は真実?口コミや成分飲み方まで徹底検証!